あごにきびの治し方 原因と対処法を詳しく紹介

美容コラム

あごにきびの治し方を紹介!あごにきびはストレスなどの生活習慣の乱れや、生活の中で行っている不摂生でできてしまいます。そのためあごにきびを治すにはまず生活を見なすことが大切です。

Table of Contents

あごにきびの主な原因

原因1.ホルモンバランスの乱れ

あごにきびはストレスなどの生活習慣の乱れでできてしまいます。そのためあごにきびを治すにはまず生活習慣を見なすことが大切です。せっかく正しいスキンケアをしていてもホルモンバランスが崩れてしまうとその努力も実りません。

ホルモンバランスが崩れることで肌の代謝がうまく働かなくなり、老廃物が溜ったり皮脂が過剰に分泌されてしまい、あごにきびの原因となります。

[st-mybox title=”ホルモンとは?” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#424242″ bordercolor=”#424242″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

ホルモンは身体の中で作られ、血液で運ばれます。運ばれたホルモンは各臓器に働きかけ、体内関係をコントロールします。
脳の視床下部と呼ばれる部分は、自律神経の働きやホルモンの分泌をコントロールしている重要な役割りを担っている部位です。ここに異常が生じると自律神経失調症やホルモンバランスの崩れから生じる症状がみられるようになります。

[/st-mybox]

ホルモンバランスを崩す原因

ストレスやダイエットのしすぎ

職場関係や対人関係でのストレス、またダイエットによる食事制限などによって身体に負担がかかり、ホルモンバランスを崩す原因になります。

更年期、思春期

思春期は身体がホルモンバランスをうまく一定化できません。また更年期を迎えた女性は女性ホルモンの分泌量が減る過程でからだが混乱し、自律神経のコントロールがうまくいかなくなり、ホルモンバランスが乱れます。

睡眠不足、睡眠の質

睡眠時間が十分取れずにいたり、熟睡できていないなどの睡眠不足によって自律神経、ホルモンバランスの乱れが生じます。

[st-mybox title=”ホルモンとは?” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#424242″ bordercolor=”#424242″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

ホルモンは身体の中で作られ、血液で運ばれます。運ばれたホルモンは各臓器に働きかけ、体内関係をコントロールします。脳の視床下部と呼ばれる部分は、自律神経の働きやホルモンの分泌をコントロールしている重要な役割りを担っている部位です。ここに異常が生じると自律神経失調症やホルモンバランスの崩れから生じる症状がみられるようになります。

[/st-mybox]

ホルモンバランスを整える方法

ホルモンバランスの乱れは食事内容と大きく関係しています。食事は体内バランスを整える働きがあるため、タンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養バランスをしっかりと摂ることが大切です。また十分な睡眠をとって身体を休ませてあげましょう。正しい食事と睡眠で、身体のストレスもある程度は軽減されます。

ストレス発散方法を考えることも大事!

ストレスは人間に必然的に起こるものです。職場の環境や人間関係、生活環境など様々なところでストレスはたまっていきます。これらを発散させる方法がある方はいいですが、ない方の場合、ストレスを減少するために趣味をみつけたり、休日にスポーツをして身体を動かすなどのストレス発散方法をみつけることが大切です。

特にあごにきびは毛穴のつまりが原因でもありますので、スポーツなどの汗をかく運動、料理を運動変わりにしてかつバランスの良い食生活をこころがけるなど身体を動かして汗をだし毛穴のつまりを流すことが大切です。

肌に栄養と保湿をストレスコントロールができうようになったら、次は表面的なケアも大切です。ビタミンがはいった化粧水をたっぷりと塗り、保湿をきちんとしましょう。十分な睡眠とバランスの取れたたっぷりの栄養をとることも大切です。

原因2.メイクの洗い残し

あごにきびは大人になってもできるニキビです。この原因はストレスによるホルモンバランスの崩れが主にあげられますが、実はメイクや髪を洗った際のシャンプーなどが肌に伝わって落とし切れていないことであごにきびを発生させてしまうことがあります。

間違ったスキンケア

洗顔の際にごしごしと顔を洗ったり洗顔料を何度も使用して洗顔をすると必要な皮脂まで落としてしまうことになります。必要な皮脂は肌を守るバリアの機能をしており、これが落ちすぎてしまうことで皮脂を取り戻そうと肌から過剰に皮脂が分泌されてしまいます。

過剰に皮脂が分泌されてしまうことで油分が多い肌となり皮脂が詰まったり汚れがたまりやすくなりあごにきびの原因となってしまうのです。

正しい洗顔方法

正しい洗顔方法は、優しく、洗顔の泡をつぶさないように洗う、というのが基本です。

あごにきびにならない基本的な洗顔方法
  1. なるべく低刺激の洗顔フォームを使い、よく泡立てます。
  2. 水でよく潤した肌の上を丸く円をかくようにして泡をつぶさないようにしてマッサージしていきます。
  3. 1~2分ほど十分にマッサージをしたらぬるま湯で洗顔フォームを流します。このとき、泡が肌に残らないように十分に洗い流します。
  4. 最後につめたい水を肌にあてて皮膚を引き締めます。

この後は基本のスキンケアで肌をケアしていきます。メイクをしている場合は洗顔の前にクレンジングをきちんとしましょう。

あごにきびを防ぐ正しいクレンジング方法

血行がよくなり、またスチーム効果もあるため、クレンジングは、お風呂の中ですることをおすすめします。

  1. クレンジングを手に取り温め、やさしく肌の上にのせてメイクとなじませていきます。
  2. 肌をごしごしこすらないようにしながら首回りも洗っていきます。
  3. クレンジングの滑りがよくなってきたらぬるま湯で洗い流していきます。
  4. 髪の生え際、フェイスラインは特にきちんと洗い流しましょう。

[st-mybox title=”最後は鏡でチェック!” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#424242″ bordercolor=”#424242″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

メイクの洗い残しがないかどうかはお風呂場、洗面台の鏡できちんとチェックしましょう。いくら綺麗に洗っても洗い残しがあったのではそこからあごにきびを発生させてしまうかもしれません。

[/st-mybox]

原因3.食事やお酒などの不摂生

あごにきびはホルモンバランスの崩れによってできます。これはストレスが原因な場合が主ですが、それに加えて食生活の乱れがあごにきびを悪化させます。

あごにきびに悪い食べ物

あごにきびはホルモンバランスの乱れによってできるため、ホルモンバランスを乱れさせるような油っぽい食べ物や刺激物などを食べ過ぎるのはよくありません。

甘いもの

過剰皮脂の原因になります。皮脂が過剰に肌にあらわれることで毛穴がつまりやすくなり、あごにきびができやすくなります。

炭水化物

皮脂や糖の代謝を促してくれるビタミンBを消費しすぎてしまうため皮脂の代謝がうまくなされず肌に老廃物が蓄積して詰りの原因になります。

キムチなどの刺激物

胃に刺激をあたえるような食べ物は内臓に負担をかけるためあごにきびの炎症を悪化させる可能性があります。

海藻類

甲状腺ホルモンをつくるヨードを含むため、摂りすぎるとにきびを悪化させます。

あごにきびを改善・予防する成分(食べ物)

何かを食べればあごにきびが改善される、というわけではなく、新鮮な野菜や化学製品がはいっていない食べ物をバランスよく食べることで身体全体の代謝が正常に促され、あごにきびができにくい肌になります。

ビタミンA

皮膚を再生させる機能があります。(ホウレンソウ、人参、かぼちゃ、うなぎ、小松菜などに多く含まれます)

ビタミンB1

肌荒れを抑える機能があります。(レバー、青魚、豚肉、玄米、小麦、黒豆などに多く含まれています)

ビタミンB2

全身の代謝やホルモン合成を促す機能があります。(青魚、キノコ類、豆類などに多く含まれています。)

ビタミンB6

皮脂のコントロールをしてくれる機能があります。(アボカド、インゲン、ホウレンソウなどに多く含まれています。)

ビタミンC

コラーゲンの生成を助ける機能があります。(キャベツ、小松菜、白菜などに多く含まれています。)

亜鉛

お肌を再生させる機能があります。(牡蠣、煮干し、玄米などに多く含まれています。)

大豆

ホルモンバランスを整える効果があるといわれています。以上の栄養素をバランスよく毎日の生活にとりいれてあごにきびの改善をはかりましょう!

お酒はあごにきびを悪化させる

お酒を飲みすぎるとあごにきびを作る原因、悪化させる原因になります。お酒は糖質が多く含まれるものが多いため、それにより皮膚の代謝を促してくれるビタミンBが消費され、皮膚代謝が悪くなってしまいます。

また、お酒を飲むことで血行がよくなり、にきびが作られやすい環境ができてしまうのも原因の一つです。お酒は飲みすぎず、また飲むときは野菜などを最初に食べて胃への刺激を少なくしてから飲むなどの工夫をすると良いでしょう。

水分をしっかりととってバランスの良い食生活!

あごにきびの予防と治療は、薬を塗るよりも身体にとりいれるもので改善させる方が効果的です。水分をしっかりと摂り、バランスの良い食生活を心がけてみましょう。

原因4.寝不足

寝不足は、肌のターンオーバーを見出し、肌の再生能力を低下させるため、あごにきびの原因を引き起こします。その原因と対策を紹介します。

睡眠の役割

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。

レム睡眠は浅い睡眠のことで、脳は覚醒していて起きているときの状態に近いといわれてます。ノンレム睡眠は深い睡眠のことで脳の活動は穏やかになっています。

これらの睡眠が交互に混ざり合うことによって脳と身体が休まり心身の疲労を回復してくれるのです。十分な休息をとるには十分な「長さ」と「深さ」のある睡眠をとる必要があります。しかし、何らかの原因で深い睡眠を摂れていなかったり睡眠の質が低い場合、寝不足となり心身に不具合が生じてきます。

寝不足による肌質の悪化

寝不足になると肌質が悪化してしまいます。睡眠中は傷ついた細胞を修復し、肌質を改善する機能が働くといわれています。

そのため寝不足になると傷ついた細胞がそのまま放置されるため、肌の再生は遅くなり老廃物がたまっていき、肌質が悪化してあごにきびの原因となっていくのです。

寝不足を改善するには

寝不足には肌質の悪化以外にも記憶力低下、頭痛、めまいなど様々な症状を引き起こしてしまう原因があります。寝不足を改善するには睡眠の質を改善し、必要な睡眠をとることが大切になります。睡眠環境を整え、リラックスした状態での就寝を心がけましょう。生活習慣を改善し、体内リズムを整えることも大切です。

具体的な寝不足改善方法

具体的に寝不足を改善させるには様々な方法がありますが、どれが効くかは人それ俺です。いろいろと試してみて自分に合った睡眠方法を見つけてみてください。

  1. ぬるま湯で半身浴をする。
  2. ホットミルクやココアなどの自律神経を落ち着かせる飲み物を飲む。
  3. クラシック音楽などを静かに聞く。
  4. 就寝一時間前には照明を間接照明に切り替えて光の刺激を弱くする。
  5. ゆっくりとストレッチを行う。

十分な睡眠で肌質を整えよう!

いくら十分なスキンケアをしていたり栄養のあるものを食べていても睡眠が十分になされないことには肌の修復は遅くなり、肌質が悪化してしまいます。
正常な肌のサイクルをキープするためには十分な睡眠が不可欠です。普段仕事で忙しくてなかなか睡眠がとれない人も週末などお休みの時間には十分に睡眠時間を確保し、睡眠の質を上げる努力をしましょう!

原因5.冷え性

身体が冷えることで下半身の血流が低下し、身体全体の新陳代謝が悪くなってしまいます。そのため、お肌の再生能力も低下してしまい、汚れがたまってニキビができやすくなるだけでなく、ニキビが治りにくい体質になってしまうのです。

冷えはホルモンバランスを崩します。

現代人は忙しさにかまけてシャワーだけですませたり、冷房の効いた部屋で仕事したり食事を簡単なコンビニエンスストアですませたりと生活習慣が乱れがちです。特に女性に多い冷えの症状は、卵子や子宮を冷やし、ホルモンバランスを崩してしまいます。

ゆっくりとお風呂にはいったり、栄養のあるバランスの良い食事を心がけて内臓を常に温めてあげることが大切です。

冷え性の原因

身体の中心部分の温度である深部体温は細胞が最も働きやすい37度に保たれている必要があります。しかし外気温が下がると深部体温を維持するために手足や表皮の血管を収縮し、血流を低下させて体内の熱を逃がさないようにします。この状態がつづくと手足に血液が運ばれなくなり、「冷え」となるのです。

冷え性の原因は様々ありますが、主にあげられるのは

  1. ストレス
  2. 靴下の重ねばき、硬い靴をはいている
  3. 窮屈な服やストッキングで身体を締め付けている
  4. お肉などのたんぱく質不足

といったものです。身体の締め付けに加えて運動不足であることで血流が圧迫されてスムーズな血液循環がなされなくなってしまいます。

冷え性を改善するには

冷え性を改善するには上記に挙げた原因を起こさないように生活習慣を見直すことが第一です。その他にも

  1. 常温かぬるま湯で水分をしっかりと摂る
  2. 湯船につかる
  3. 朝食をしっかりと食べる
  4. 適度な運動をする

といった身体の血流を上げるための生活習慣もプラスしてみましょう。身体の代謝を挙げて、身体の中の老廃物をスムーズに流すことが出来れば肌の質もよくなり、あごにきびの原因も解消できます。

あごニキビの治療薬、クリームの選び方

あごニキビの治療には専用の薬、クリームが有効です。あごニキビができる部分は特に乾燥しがちで、それなのに油分が多い、という肌質の場合が多いので、それらをコントロールできるように作られたクリーム、治療薬の方が良い、というのが理由です。

十分な保湿力

あごニキビができる人は肌が乾燥していて皮脂が多いという方がおおいため、水分を肌にキープできるような保湿力の高いクリームなどがあごニキビの防止と治療に有効だといえます。

身体に保湿成分を溜める能力があるヒアルロン酸や肌に溶け込みやすい水溶性コラーゲン、内側から潤いをもたらすトレハロースが含まれているのはもちろんのこと、さらには抗菌作用や角層、角質の保湿効果がある成分などが含まれているクリームがお勧めです。

ニキビの黒ずみをケアしてくれる

あご、フェイスラインなどにニキビができてしまうとその部分が黒ずんだり跡になったりしてはた目にとても気になると思います。そのため美白ケア成分がきちんとはいっているクリームがお勧めです。

リラックス効果のある香り

いくらニキビに効果があるといってもつんとした臭いだったり薬臭いと自分にとっても深いですし、人にも会いにくいと思います。クリームや治療薬を選ぶ際は香りが薬臭くないもの、きつくないものを選びましょう。リラックス効果のある優しい香りがおすすめです。

メルラインクリームがおすすめ!

10種類の保湿成分を含み、フェイスラインを引き締める効果もあるあごニキビのためのケアクリーム「メルライン」はあごニキビにきくだけでなくニキビ跡の修復にも役立ちます。敏感肌の方にも安心して使えるため、リピーターも多く口コミも高評価です。

市販のスキンケアではなかなかあごニキビが治ってくれない、という方、是非メルラインを試してみてください!

あごにきびが繰り返しできてしまう・・・そんな人は

あごにきびの治し方を紹介!あごにきびはストレスなどの生活習慣の乱れや、生活の中で行っている不摂生でできてしまいます。そのためあごにきびを治すにはまず生活を見なすことが大切です。

保湿ケアであごにきびを防ぐ

あごニキビが繰り返しできてしまう一つの原因として、保湿が十分にされていないお肌にあります。お肌が乾燥し、毛穴が詰まっている状態だとあごニキビができやすいのです。肌に十分な水分がないと皮脂を流す働きも低下してしまいます。肌に十分な潤いを与えることで皮脂が水分とうまくバランスをとって溶け込み、詰りを防いでくれるのです。

正しい保湿ケアであごにきびから顔を守る

低刺激の洗顔フォームを十分に泡立てて優しくマッサージをするように洗顔した後は十分にすすぎ、タオルを抑えるようにして水分を拭き取ります。
その後のケアが大切です!

  1. 化粧水をたっぷりとつけます。ビタミンC誘導体の化粧水は特にニキビケアに有効です。
  2. 化粧水を付けた後は手で押さえ、肌に水分をしみ込ませます。
  3. 化粧水が肌に浮かないくらい吸い込まれていったら、ここでさらに化粧水をつけたします。
  4. 2と3を繰り返し、もう肌に吸い込まないくらいまで化粧水をつけましょう。
  5. 乳液などのクリームで直ちに肌の水分を閉じ込めます。ここで化粧水が肌に浮いているとクリームが付きにくいのできちんと肌に化粧水が吸い込まれていることが大切です。

ポイントは、とにかく惜しみなく化粧水を使用することです。

毛穴ケア

あごニキビを繰り返してしまうもう一つの原因は毛穴の詰りにあります。毛穴ケアをしっかりとしてあげることで、毛穴の詰りをなくし、あごニキビができにくい肌へと導くことができます。

毛穴を緩める

毛穴ケアといっても、指で毛穴を広げたり、毛穴シートなどで強引に毛穴に詰まった角栓をとろうとすると肌がぼこぼこになってしまいます。一番簡単で効果的な毛穴の緩め方はお風呂です。ぬるま湯につかりながら半身浴でじわじわと汗をかきます。お風呂のスチーム効果と体内温度が上がって代謝が上がるため毛穴が広がりやすくなります。

この時に正しい洗顔をし、そのあとすぐにスキンケアをすると毛穴が広がっている状態でケアができるため、ケアがより効果的になります。

あごにきびは触ってはだめ!

あごニキビが気になるからと言って、触ってはいけません。触ることで手についた菌がさらにニキビの菌と結びついてニキビを悪化させたり、他の箇所に菌を繁殖させて別のあごニキビをつくってしまう原因となります。あごニキビができてしまったら触らずに入念なケアをしていきましょう。

あごニキビがたくさんできて痛い!そんな人は

にきびには「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」があります。白ニキビや黒ニキビは皮脂が毛穴に詰まった状態で、押しても痛みはありませんが、赤ニキビは痛みを伴うニキビです。初期段階のにきびであるため、治療はこの時にしっかりと行うことが大切です。にきびには種類があり、悪化してしまうと赤く、痛いにきびになってしまいます。そうならにためには早目のケアをしてあげることが大切です。

赤ニキビ

赤ニキビはニキビが悪化してしまった状態です。最悪の場合、ニキビ跡になってしまう可能性があります。押すと痛みを伴い、炎症のため赤くなっていて、はた目からみても目立ちます。

しかしこの炎症を放っておいたり無理にカバーしたりつぶしたりするとさらに悪化をさせてしまう場合があるので治療には十分な注意が必要です。

赤ニキビに刺激を与えてはダメ!

赤ニキビを治すには、まずは刺激を与えないことが大切です。触らない、洗顔をしすぎない、ということが一番大切です。触ることで刺激を与えて肌をきずつけ、そこからさらに炎症を起こしたりニキビをつぶしてしまって跡になってしまう可能性があります。また洗顔をしすぎることで皮脂がさらに分泌されてしまい菌が繁殖して新たなニキビができてしまう場合があります。

赤ニキビ撃退方法

赤ニキビを治すにはまず毛穴に詰まった皮脂を少しずつ取り除いてあげることが大切エス。といっても触ってはダメなので、ぬるめのお風呂に入ってじっくりと汗をかき、毛穴をしっかりと開かせそのあとで優しく泡の洗顔をします。何度も洗顔したりこすってはいけません。
洗顔後は十分な保湿をします。皮脂と肌の水分量のバランスが整うことで肌の再生能力が向上し、ニキビケアへとつながります。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント