下痢の原因-食事や生活に要注意?解消法も徹底解析

下痢とは便の水分が80%~90%含まれている状態の便です。体調が崩れるとまず1番に目で見て判断出来る症状が下痢です。最近ではストレスなどで下痢になる方も多いのですが、「たかが下痢」・「ストレスだろう」と軽く見ていては危険な下痢もあります。

何故下痢になってしまうのか・・・。原因について調べましたので御紹介いたします。

下痢のタイプと原因

一言に下痢と言っても様々なタイプがあります。

  • ストレスを感じて起こす「精神的要因タイプ」
  • 風邪などから起こす「身体的要因タイプ」
  • 暴飲暴食などが原因で起こす「食事要因タイプ」

そのからさらにタイプが2つに別れます。

それが「急性タイプ」「慢性タイプ」です。

最近多くみられる「慢性タイプ」

最近多く見られるのが慢性タイプの「精神要因」です。ストレスや不安などで自律神経が乱れて下痢を起こす方が増えてきているようです。

その状態を『過敏性腸症候群(IBS)』と言います。「過敏性腸症候群」とは検査を行って潰瘍や炎症などが発見されないにも関わらず下痢や下腹部の張りを感じることです。

急性タイプ

急性タイプの原因は「食中毒などの菌」・「冷え」・「風邪」などから起こる下痢です。慢性と急性の違いは、「急に起こる」・「腹痛を伴うが短期的」・「水のようで回数が多い」などです。急性の場合は自己管理で抑えることができる原因がほとんどです。

『暴飲暴食をやめる。(特にアルコールは体質によっては下痢になりやすいです)』・『足元を冷したり、お腹を冷したりしない』・『生魚や生肉を食べる』ことです。ただ自宅では古い魚は加熱をして食しますが、お店などで注文して食した場合に、その日の体調が優れていなかったりするとお腹を下してしまう場合もあります。

体調が悪い時(風邪をひいている)などには、生食を食さないよう気をつけてください。

この症状の場合は病院へ

  • 便に血が混ざっている
  • 激しい下痢が続く
  • 高熱や吐き気を伴う
  • 海外旅行後に下痢をした

このような場合は病院で診察を受けてください。特に海外旅行から帰ってきてからの下痢は『コレラ』や『赤痢』の可能性もあります。高熱を伴う場合は食中毒なども考えられます。たかが下痢だと軽く見ていると命に関わることもありますので、一度病院で診察を受けることをオススメします。

下痢の主な症状

下痢にも様々な症状があります。腹痛だけの下痢もありますが、吐き気や高熱を伴う場合もあります。では下痢になった場合、体にどのような症状が表れるかご存知でしょうか?それでは、下痢になった時の症状を御紹介いたします。

下痢の時の症状

  • 脱水症状(虚血・悪心・嘔吐なども)
  • 腹痛
  • 食欲減退
  • 疲労や体力消耗

などです。脱水症状に関しては、激しい下痢が続き体重が5%以上の減少を起こすようなら危険な状態です。尿の色が濃くなり、量が減ってくると腎不全にも至る場合があるようです。

急性と慢性の違い

急性タイプと慢性タイプとで症状が違うようです。

急性タイプ

急性の場合の症状は「水のようで回数が多い」・「腹痛を伴うが短期的」・「急に起こる」(急性とは「冷え」「暴飲暴食」「消化不良」などが原因で起こるタイプの下痢です)

慢性タイプ

慢性の場合は3週間以上続き、1度に出る量は少なくスッキリしない。(慢性とは、「過敏性腸症候群(ストレスなど)」「大腸がん」「肝臓の病気」などが原因で起こるタイプの下痢です)

便の違いと症状

  • 最近増えている慢性タイプの「過敏性腸症候群」は『便の色は普段と同じだが、液状かペースト状』の便です。もちろん腹痛を伴う場合もあります。
  • 「大腸がん」が原因では便の中に血が混ざっています。腹痛を伴う場合もあります。
  • コレラ菌が原因の時は白い便が出ます。(乳幼児で白い時はロタウイルスの可能性もあります)。発熱、嘔吐を伴います。
  • アレルギーの場合は発疹を伴う場合があります。
  • O-157などの食中毒の時は便に血が混ざる場合もあります。発熱、嘔吐、激しい腹痛を伴います。

上記の症状に該当する方は1度病院で診療していかれることをお勧めします。

下痢になりやすい食事

乳製品(牛乳)(ヨーグルト)

体質に合わなくてお腹を下したり、便がゆるくなる方もいらっしゃいます。ですので、便秘の方はヨーグルトなどの乳製品を食す人も多いようです。

香辛料などの刺激物

やはり、唐辛子系やニンニクなどの刺激物は胃に負担をかけてしまいますし、下痢になりやすいです。使用する際はたくさんではなく、少量しにしてください。

油っこい食べ物

こちらも香辛料と同じで胃に負担をかけてしまいます。もちろんそれだけではなく、体にもよくないです。今ではコレステロールの低かったり吸収されにくい油もありますので、そちらを使用してもいいと思いますが、やはり揚げ物は揚げ物です。食べ過ぎには気をつけてください。

冷たい食べ物や飲料

特に夏場は気をつけてください。暑いからと言って「氷菓子」・「アイス」・「冷たいジュースやお茶などの飲料水」をたくさん食してしまうと、お腹が冷えてしまい下痢になってしまいます。

柑橘類

柑橘類にはビタミンも含まれているので体には良いのですが、やはり食べ過ぎると「腸管」に刺激を与えてしまうので下痢になりやすいようです。

他にも「アルコール・カフェイン」などの刺激物もそうですが、体質にもよります。また、食べすぎてはいけないと言うこともあります。食べ過ぎると胃や腸に負担がかかってしまい、下痢になりやすくなるようです。

下痢の解消法

お腹を下してしまった時、どのような処置を取れば良いのでしょうか?最近では市販のストッパーなども販売されていますが、自己管理で解消できる事もあります。

食事で解消

暴飲暴食が原因の場合は、まずは食べる量などを減らしてください。食べる量が多いと消化が出来ずに下痢になってしまいます。もちろんアルコールも同じです。アルコール類を摂取しすぎるとお腹を下す原因になってしまいます。

他にも「唐辛子系やニンニクなどの刺激物を摂取しすぎる」・「揚げ物を頻繁に食す」・「冷たい飲料や氷菓子をたくさん食す」などが原因の方もいらっしゃいます。そのような人も、やはり食事に気をつけて頂きたいのです。

簡単にいえば胃を休めてあげることが大事です。

ストレスが原因の場合の解消法

簡単に申し上げるとストレスを溜め込まない事が1番の方法なのですが、今の時代ストレスからは逃れられません。外で運動を行ったり、気晴らしに映画やカラオケでもいいと思います。ストレスを発散してくさい。

それでも解消されない方はやはり市販のお薬を購入するか、1度病院へ行き診察をしてもらってもいいと思います。ストレス性の慢性下痢だと思って放っておくと大変な場合もあります。

服装で解消

夏場は特に多いようなのですが、眠る時にクーラーを寒いくらい稼動さているにも関わらず、薄着で眠る方がいらっしゃるようです。足元やお腹を冷さないように気をつけてください。もし、寝冷えなどで下痢になった場合は、「温かいお湯を飲む」「市販の整腸薬を飲む」などの解消法を取ってください。

食中毒(ウイルス性急性胃腸炎)などの解消法

この場合は自分で出来ることは無いと思ってください。

(O-157)などの食中毒はすぐに症状に表れますが、急性胃腸炎(菌が原因)の場合、菌が付いていた食べ物を食してもすぐに症状は表れません。大体症状が表れるまでに数日程度はかかります。日にちが経っているのでふつうの腹痛と感じ市販の薬を飲まれる方も多いようですが、吐き気を伴ったり血便が出る、発熱などの症状もあります。病院で診察をしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします