夏バテ解消!症状の原因対策で予防しよう!食事も紹介

美容コラム

夏は海や花火などたくさん楽しいこともありますが、それとは裏腹に夏バテに苦労される方も多いと思います。このページでは夏バテの原因や対策をご紹介します。

夏バテはダイエットにも危ない!

夏バテを起こすとどうしても冷たいジュースやビールを飲みたくなりますよね、実はこの症状が夏バテの症状の原因の一つです。それだけでなくジュースやビールをたくさん飲むとダイエットを行っている人にも大きなリバウンドの症状を起こしかねません。

しっかりと夏バテの症状を把握し、原因対策を行って予防に取り組みましょう。

夏バテの原因

夏バテの原因は様々です。まず1つ目の原因は、冷たい部屋や暑い外へ出たり、温度差による夏バテ。2つ目に冷たいものを摂りすぎて胃腸の働きが低下することが原因となります。このどちらにも言えるのが冷えから来る症状です。クーラーに当たりすぎたり、冷たいものを摂りすぎたりすると、足腰が冷え体温が下がり、自律神経が乱れていきます。

もう一つの夏バテの原因

もう一つの夏バテの原因として、湿度も原因の一つといわれています。汗をかくことで体がべたつくことで、不快な気分になります。この不快な気分が続くと、自律神経が乱れてきます。では夏バテを起こすとどういった症状が起こるのでしょうか。

夏バテの症状

自律神経が乱れ、夏バテを起こすと寝不足、食欲不振、体がだるくなる、下痢、便秘、むくみなど様々な症状があります。そしてこの症状がさらにひどくなると、めまい、頭痛など、の症状を起こします。できる限り早めに対策を行わないと、悪化するばかりなので早めの対処を行いましょう。

夏バテ解消対策!

基本的にはしっかりした時間に寝て、基本的な時間に起きること。そして決まった時間に食事を行う。この生活を行うことでリズムを崩さず生活することができます。また、寝る前のクーラーを朝までつけっぱなしにするのは禁止です。できれば睡眠時間の半分ぐらいでクーラーを止めるようにタイマーを掛けるようにしましょう、これが大きな夏バテ対策の原因です。また、冷たいジュースなどをとるのではなく、お茶や水を飲むようにしてください。

夏バテ対策の食事

夏バテ対策の食事で使用する材料でお勧めの食材は、お酢、ビタミンB1が含まれている豚肉やうなぎ、ビタミンB2が含まれている納豆、ビタミンB1とB2が含まれているオクラなどがおすすめです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント