DHC コエンザイムQ10とは 効果効能・副作用を紹介

ダイエットサプリメント紹介

コエンザイムQ10は体の中にある成分の一つです。このページではコエンザイムQ10の効果効能をご説明します。

コエンザイムQ10ってどんなもの?

コエンザイムQ10はもともと人の体に含まれており、食べ物が分解しエネルギーになるために使われる穂酵素の1つです。

日本では1974年に心筋代謝改善薬として承認されています。またコエンザイムQ10は老化防止や美肌のために必要不可欠な成分でもあります。このコエンザイムQ10は、酸素を補う働きもします。

別名ビタミンQやユビキノスといわれています。それではコエンザイムQ10はどんな働きがあるのかご説明していきます。

コエンザイムQ10と年齢の関係

コエンザイムQ10はL-カルチニンと同様で年齢を重ねるごとに、減少していきます。またストレスも減少する理由の一つです。そこでコエンザイムQ10のサプリメントの登場です。コエンザイムQ10のサプリメントを摂取することで、様々な効果を期待することができます。アメリカでは1970年ごろから用いていますが、最近では日本でもサプリメントとして用いられています。次はコエンザイムQ10の効果効能をご説明します。

コエンザイムQ10の効果効能

コエンザイムQ10はもともと心臓病の薬といわれており、その効果はさまざまです。

コエンザイムQ10でダイエット

コエンザイムQ10を摂取すると内臓の働きが活発になるため基礎代謝もあがりることからダイエット効果も期待できます。

コエンザイムQ10の効果

コエンザイムQ10で美肌効果

先にご説明した通り、コエンザイムQ10はもともと体の中に入っている成分ですが、歳をとるたびに、コエンザイムQ10が減少してくるため、肌の衰えが進んでいきます。そこで直接サプリメントでコエンザイムQ10を摂取することで老化の防止を行えます。

コエンザイムQ10で疲労回復

コエンザイムQ10はエネルギー産生を活性化する効果もあるため、疲労の回復がとても早くなります。

コエンザイムQ10で心臓機能改善

コエンザイムQ10を使用することにより心臓機能が改善され、低血圧によるめまい・肩こり・頭痛・冷え症などの効果も期待できます。

コエンザイムQ10の副作用

コエンザイムQ10 の副作用特に発表されていません。1日の必要摂取量といわれている60~200mgを守っていれば特に問題はありません。ただ大量にとった例もいままで出ていないので、基本的な量を守って摂取するようにしてください。

おすすめはDHCコエンザイムQ10

DHCのコエンザイムQ10は簡単にコエンザイムQ10を摂取することができるので私は一番おすすめしています^^。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント